今日の1曲

【今日の1曲】 四星球 言うてますけども

今日紹介する邦ロックのおすすめ曲は日本一笑って泣けるライブで人気沸騰中の徳島県出身のコミックバンド四星球から「言うてますけども」です。

「言うてますけども」は2018年にシングルCDとして発売された比較的最近作られた楽曲です。発売前からライブで演奏されていてその時からファンからの評判が高かったです。CD発売前に放送されたフジテレビの音楽番組『Love music』でもこの「言うてますけども」をライブ演奏しています。ちなみにこの時客席に仲のいいコミックバンド花団のメンバーがいるというネタをしていました。

ライブではネタが多く仕込まれている四星球ですが、その中でもネタを仕込みやすい構成になっていて大ネタが期待できる1曲です。

そんなライブで楽しみな「言うてますけども」を詳しく紹介します。

 

【収録CD】

Single 20181024日発売 「言うてますけども」

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

 

Album 2019220日発売 「SWEAT 17 BLUES

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

 

【曲の特徴】

「言うてますけども」は康雄さんの作詞センスがあふれています。曲名の「言うてますけども」はお笑いの漫才でよく耳にするフレーズです。お笑い好きな康雄さんらしい視点でこのフレーズを使って心に響く歌詞やおもしろい歌詞を書いています。

1番のAメロの『皆様死にたくなることもおありでしょうね(中略)セイの字書いて数えてますか?正しいじゃなくて生きるほうのね』や『丸くなったけど 削られて粉も全部大事に持ってます 砂時計の砂にこっそり混ぜて残り時間を延ばしてます』など康雄さんならではの考え方でポジティブに発想を転換させてくれます。こういったところに四星球が泣けるコミックバンドと言われる所以が見えてきます。

曲調はAメロからサビに向かってテンポが上がっていき激しさが増していきます。1番は歌詞に合わせた落ち着いた雰囲気で歌い上げるような曲調です。2番ではアップテンポで明るい雰囲気になっています。歌詞の内容に合わせて曲調に変化がついているので何回聞いてもあきない楽しさがあります。

 

 

【ライブでの楽しみ方】

「言うてますけども」のライブでの1番の楽しみ方はサビでの『かっこいいコール』とみんなで言う『ヤイヤイ』です。

サビでお客さんは歌詞にはまったく関係ない『かっこいい』と歌い続ける『かっこいいコール』をします。初めて「言うてますけども」を聞く人は急に始まる『かっこいいコール』に何が始まったのかと驚いている光景をよく目にします。『かっこいいコール』をするときは両手を口の横に当て、遠くまで聞こえるように『かっこいい』と大きな声で言いましょう。

そしてサビの最後の部分にある『ヤイヤイ』も一緒に歌いましょう。1回のサビで3回『ヤイヤイ』と歌うので大きな声で歌いましょう。

 

【おすすめポイント】

「言うてますけども」のおすすめポイントは何回もやってくるサビです。

「言うてますけども」は曲が終わったと思っても油断してはいけません。康雄さんが『とか』というとサビが始まります。この『とか』というフレーズがきっかけで何回もサビを歌うことになります。この『とか』を言うまでにいろんなネタが仕込まれています。エピソードトークや他のバンドのカバー曲等おもしろいネタが豊富です。是非そのネタを楽しんでください。でも『かっこいいコール』が遅れないように油断禁物ですよ!

 

【音源映像】

 

 

【関連記事】

【四星球】徳島が生んだ笑って泣けるコミックバンド

【ライブレポ】 笑え!悲惨な戦い (2) 1月25日

【今日の1曲】 四星球 Mr.Cosmo

【今日の1曲】 四星球 クラーク博士と僕

【今日の1曲】 四星球 鋼鉄の段ボーラーまさゆき

 

こんな記事もおすすめ